ご丁寧なことをする携帯キャリア公式検索のPCサイト表示について。

現在進行中の案件から。

PC向けのサイトと携帯向けのサイトを両方作成していて
こちら側でブラウザに応じて
PCならPC向けサイト、携帯なら携帯向けサイトを振り分ける。

この場合、URLが同じにすることも可能なので

例えば

PCからはhttp://example.com/
携帯からはhttp://example.com/m/

こういったカタチで2つのURLを告知する必要がなくなる。
つまり、http://example.comだけを告知しておけば設定によって
自動に振り分けが可能になる。

通常こういう物はUserAgentと呼ばれるブラウザから発している情報を拾って
分岐することが多いのです。(公式サイトとかはIPアドレスで分けられている場合も多いけどね)

分岐をPHPなりhtaccessで書けば完璧と思っていたら
そうじゃなかったというのが今日の課題(現在進行中です)

ドコモの「imenu検索」とSOFTBANK「Yahoo!ケータイ」で検索する時にこれに当てはまらずに
PC版が表示されてしまう現象が起きています。

具体的に挙げて。
ドコモのimenu検索「PCのサイト」というPCサイトを表示されているページからアクセスをすると
「Google Wireless Transcoder」というPCサイトを携帯でも観られるページを通してしまうことで
UserAgentが「Docomo」ではなくなってしまい、普通にPCサイトにアクセスしてしまう。

ちなみにGoogle Wireless Transcoderは
パソコンからでもhttp://www.google.co.jp/gwt/nで確認できるようだ。

自分で分岐をコントロールしたいのに自動的に
この機能が動いてしまうというありがた迷惑な状態になっていて。
でも、これには回避の方法があって。
このGoogle Wireless Transcoderからアクセスがあった場合、拒否を掛けて
通常の携帯のブラウザでアクセスするように誘導することができる。

<link rel=”alternate” media=”handheld” href=”(モバイル版サイトのURL)” />

これをPCサイトの方のHTML内の<head></head>の間に記載すれば
自分がPHPやhtaccess内で指定した転送設定が問題なく働き回避できる。

Docomoはこれで対応できるのでそんな難しい話ではなくって
問題が大きいのはYahoo!ケータイの方で。
Yahoo!ケータイの公式サイトの検索から調べた場合もPCサイトという項目があって
これから検索するとjig browzerというブラウザがPCサイトを携帯サイトに変換してくれるものがある。

上記に記載した一文を追記すれば対応できるかと思いきや、対応できないようだ。
仕方ないので現在はhtaccessの振分けの分岐の中のUserAgentに「jig」を追加して
jig browzer内に携帯サイトを表記させている。
が、これだとjig browzerのヘッダが出てしまいキレイな対応方法とは言い難い。。

これをjigを拒否できる方法を探っているが、うまくいかないのですよ。
というわけで現在jig対応に関しては現在進行中です。
また、うまくいけたらこのブログに書くようにします。

年末になるとなぜか毎年こういうハマる案件を拾ってしまう。。
無事に年越しできるようにがんばります。

コメントを残す