久しぶりにSEOについて感じたことを書いてみる

MovableTypeとか無料ブログが出てくる以前の時代は
当時流行ったテキストサイトとかもHTMLを更新してはFTPで上げてという作業をしていたはず。

今、それをしている人(特に趣味でやっている人)はどれくらいいるのだろうか。
そういう話をたまたま2度聞く機会があったから気になってみた。

実際に私が訪問するサイトでCMS等一切使ってないサイトは個人の方の管理では皆無(?)
最近ではブログどころかもっとライトにTwitterだったり、Facebookで更新している方も多い。

気軽になったので今まではWebに載ってこなかったような情報も溢れるようになって
Googleさんから検索をして情報を精査していけばほぼ情報は探せるようになった。

いい時代だ!
だけど、情報が溢れすぎてしまって探しづらい状況にも年々なってきている。

だからこそのパンダアップデートやペンギンアップデートと呼ばれる
中身の薄いサイトや数を稼ぐためだけの人工的に作った被リンクを排除する傾向になってきたんだと思う。

ほんとそれが何故起きたかって考えればよくわかるような気がする。
あとはこれだけソーシャルメディアが根付いて気軽に意見を言えるようになったので
そこにあるキーワード収集して序列に採用しようとする方向も頷ける(サイテーションとか呼ばれる)

こういうGoogleがやろうとしていることって使うユーザーが実際に困っていることへの改善策でしかない。
私はそう思うのですよ。

まぁ、私も含め、Webで集客をする仕事をしている人にとっては
非常に施策をやりにくい状況を同時に生んでしまっているのですが。。
(単純な繰り返しでは通用しなくなってきてますからね、コストが掛かるようになって来ました)

10年前は中小でも大手に勝てるのがWebって言葉もよく聞きましたけど
今はGoogleで自ら優位なポジションを獲得するには多くのコストを必要とするから
中小では勝ちづらい、そんな世界になって来ました。

ただ敷居は10年前に比べてかなり低くはなっているから
参入していない者はただちに参入すべきではあると思いますが!


さて、私自身、時代と逆行するようにSEOを多く勉強しているのが最近ありまして。
あらゆる「SEO」と名前のついている場所へ自らお金を掛けて行ったり(何十万と使いました笑)
会社の名前と名刺を借りて(といっても仕事として活かしてますが)出たりしてます。

そういうものを見ている結論としてはより自然なSEO(SEO自体が自然じゃねぇという意見もありますが笑)が求められるだろうし
Googleで検索をしている通常のユーザーであれば、求めやすい情報が導きされやすい状況には向かうのかな。
そんなことを思います。

Googleも人工的に施策をしにくい部分の評価(FBのいいねを集めるとか)を上げてきてたり
一つ一つの施策の評価を小さくして、総合的な判断での順位付けしてますからね、
そういうことを我々Web担当者はより徹底してしていかないといけなくなりますね。

とりあえず昔のinfoseekみたいにmeta keywordsにキーワードを入れたら
「はい、SEO完了」みたいな感じのものはないですね。

丁寧にやっぱりサイト運営している人のサイトって何か使いにくさも感じながらも
やっぱりそれ以上の居やすさってあるじゃないですか。感覚的な話ではありますけども。。

あぁいうものを作って行きたいなと今は思ってます。
私自身サービス業界での集客チームでこの社会人生活を送っていますのでね、、、

そういうわけでまた頑張りたいと思います。

コメントを残す