Googleアカウントの2段階認証を設定する方法の補足

前回のブログでGoogleアカウントの2段階認証を設定したのは良いのだけど、
例えば、iPhoneのメールアプリでGmailを読み込ませている場合
2段階認証が影響してログインできなくなってしまう。。
こういう時の為に「アプリケーション固有のパスワード」というものを利用してすると問題なくログインできる。
今回はその設定方法について書きたい。

2 段階認証プロセス
https://accounts.google.com/b/0/SmsAuthSettings
1.上記URLへクリックする(Googleアカウントにログインしていない場合はログインしてください。)と上記画面が出るので
「アプリケーション固有のパスワードの管理」(赤枠の部分)をクリックする。

Google アカウント
2.セキュリティの為に再度パスワードを入力する画面が出るのでパスワードを入力する。

固有
3.任意の名前を入力(後でわからなくなってしまうのでわかるようにしておくと良い)し、「パスワードの生成」のボタンを押す。
ここではiPhoneのGmailと記載する。

固有2
4.16桁のパスワードが出るのでそのパスワードをメモをし記載する。
注意:ここでメモを取らないと後で確認が取れなくなるので必ずメモを取ってください。

5.「4」でメモを取ったパスワードをiPhoneのアプリなど使いたい場所で入力する。

これで二段階認証を導入しても二段階認証に対応していないサービス等でも引き続き使用できます。
このパスワードは二段階認証を回避するしてしまうのでしっかりと管理してください。
忘れてしまった場合は再度、発行が必要なのと不必要になった物は外しておくと良いです。

以上で補足終了です。
前回書くのを忘れていたので(大汗)今回書きました。参考になると幸いです。

コメントを残す