Outlook.comメールを独自ドメインで運用する方法

ドメインをGoogle Appsの無料版で独自ドメインメールを運用するということが
2012年12月のAppsの新規受付終了により利用できなくなりましたので
代替えとしてOutlook.comで同時ドメインメールを方法を聞いたので試してみた。

■必要な物
・ドメイン
(私はムームードメインで管理していますが、他のところでも大丈夫です)
・Microsoftアカウント
(outlook.comでなくても、hotmail.comでもlive.jpでも大丈夫です)

■手順
100
1.Windowsアドミンセンターへ接続
URL:https://domains.live.com/

WLA02
2.ログイン画面が出ますので用意しておいた「Microsoftアカウント」でログイン。
そうすると上記画面が出ますので自分の独自ドメインを入力。
(私は画面のようにこのブログのwebholic.bizを今回は使用してみました)

3.そうしたらDNS設定の指示の画面が出ますので、情報に合わせてDNSを設定する

WLA03
私は先に書いたとおり、ムームードメインを使用しているのでムームーDNSへ上記にように追記。
(設定先はそれぞれ違うようですので出たものを入れてください。)

WLA04
4.DNSの変更が完了してしばらく待つと上記の画面が出ます。

WLA05
「+追加」のボタンを押すとポップアップでアカウントの追加(メールアドレスの発行画面)になるので必要な項目を設定する。

アカウント名: 「アカウント名@独自ドメイン名」の形式で発行されますので「@」の前の名称
姓     : 何でも大丈夫ですが、メールアドレスのFROM欄に出るので注意
名     : 何でも大丈夫ですが、メールアドレスのFROM欄に出るので注意
パスワード : 任意のものを入れてください。アカウント名を含むものは使えないようです。
パスワードの確認入力:パスワードで入れたものを確認のために繰り返しで入れます。

項目の記入ができたら「OK」ボタンを押すと完了です。
Microsoftアカウントのログイン画面からログインしたら使えます。
URLはhttps://login.live.com/です。MSN Japanからも入れますね。
管理画面のカスタムアドレスの項目を設定すれば、
自分のドメインからログイン画面に飛べるようにできるようです。

ひと通りやってみて思ったのはかなりあっさり設定できたという印象ですね。
Google Appsより設定が楽なような気がします。
ちなみにSkyDriveとかカレンダーも使えます。便利良い。

コメントを残す