WordPress@さくらVPSにブログを移転しました!(前編)

5月にCentOSの勉強会へ行ったことがきっかけで
サーバーも触ってみたいと思っていてVirtualBox導入とか思ったら
私のパソコンが非力過ぎてCentOSが載らないということが起きて
あぁ~、めんどくさい!となってさくらVPS導入したのでした。

しかし、借りたはいいけど、SSHは触ったことはないわ、viって何?ってレベルでしたので
Webで調べながらやるのだけど、意味がさっぱりで困ったわけでしたけど、

アカベコマイリさんのさくらVPS。を改めて使いはじめるを発見して真似して始めれたのでした。
かなり役に立ちました、これ。この場で御礼。

アカベコマイリさんで扱ってないVirtualHost(マルチドメイン)等は
AKIBEさんのさくらのVPS CentOSでサーバ構築も参考にしました。
FTP(vsftpd)もこちらの設定でできましたし、かなり参考になりました。
AKIBEさんのが設定が細かくしてある印象です。最初はアカベコマイリさんのがわかりやすいですね。

…とはいえ、プログラミング言語と一緒で一文字でも間違ったらもちろん動かないし
スペースのあり・なしとかでも動作がおかしくなってきてしまうので
もちろんこれでも何度もやり直しました(笑)
さくらVPSは再インストールが管理画面にあるボタンひとつで気軽にできるので
稼働しちゃうとなかなか再インストールはできないし最初はいろいろと試しては失敗して、
結果、再インストールを繰り返してたら最初は苦手だったviも慣れたりできました。

途中経過をブログに書いたら仕事でもお世話になっている豊吉さんからコメントを頂いて
Puttyごった煮版とnanoを勧めて頂いて、調べてみたことがきっかけで知識の幅が拡がったりしました。
(参考にしているブログと環境がズレると不安が多かったので元に戻してしまいましたけども。。)
私と同じようにviになれないとかの悩みを持っていたらnanoが解決してくれるかもしれませんよ!
この場で豊吉さんにも御礼。
ちなみに豊吉さんはmisocaというクラウド請求書サービスなどをやっていますよ。
(御礼ばかりに勝手に宣伝しておく笑)


こんな感じでいろいろと参考にしたり、お声かけも頂いたおかけで何とか設定できたわけです。
JUGEMから記事を移すのがエキスポート機能が付いてないので苦労するのですけど
それも簡単に出来る方法があるのですけど、記事が長くなってしまうので分けて書きます。
後編に続く。。

コメントを残す